ディズニーチュロスの持ち帰りはジップロックが便利!日持ちはどのくらい?

ディズニーランドやシーで販売されているチュロスの持ち帰りはジップロックが便利です。

折ってチュロスを入れておけばカバンの中が汚れる心配もないし、食べたくなったらサッと取り出せますよ。

もし買った状態で折らずに持ち帰りたいなら、ニトリで売っているようなパスタ用のジップロック2枚を使う方法もあります。

この記事ではディズニーのチュロスの持ち帰り方法や注意点、日持ちを紹介しているので参考にしてくださいね。

目次

ディズニーのチュロスの持ち帰りはジップロックが便利

ディズニーランド、シーで人気のチュロスを持ち帰る方法は、シップロックに入れる方法がおすすめです。

ジップロックは袋がしっかりしていて密封することもできるので、カバンの中に入れておいても袋が破れたり、開いてしまってカバンが汚れてしまう心配もありません。

チュロスを購入する前でも袋なのでカバンの中のスペースをとることもありませんし、食べ残してしまった際も保存しておくことができるのは嬉しいですよね。

ただチュロスは結構長いので、MやLサイズのジップロックだと折らないと入らないのがネック。

自分の食べきれなかった分や自宅用ならいいのですが、折らずに買ったまま持って帰りたい人もいますよね。

 

ニトリにパスタ用の細長いジップロックも販売していますが、 ちょっと長さが足りない気がします。

もし足りなかったら2枚使って輪ゴムやクリップでしっかり止めればそのまま持ち帰ることができますよよ。

チュロスを持ち帰る際に注意してほしいことは、チュロスの袋も一緒に入れておくことです。

ディズニーランドやシーは持ち込みが禁止されており、チュロスを持ち込んだと思われないように、購入した姿のままジップロックに入れることで、ディズニーで購入したチュロスということがわかります。

持ち込みをしたと思われて注意されることは、よっぽどないとは思いますが、周りの方からの視線を感じる可能性はあります。

せっかく楽しく過ごしていても、勘違いされてしまうと楽しさも半減してしまします。

周りからの勘違いをなくすためにも、持ち込みをしたと思われないようにディズニーで購入したチュロスと分かるように保存してくださいね。

ディズニーのチュロスの持ち帰り、日持ちはどのくらい?

ディズニーランドやシーで購入したチュロスですが、どのくらい日持ちするのか気になりますよね。

その日のうちに食べてしまうことが一番望ましいですが、翌日中も大丈夫でしょう。

購入して3日目はお腹を壊す可能性も出てくると思うので、食べることはやめておくことが無難です。

自宅でチュロスを食べる時には、一度レンジで20~30秒ほどチンをしてから、オーブントースターでカリっとさせてから食べると焼きたてのようになり美味しく食べることができますよ。

買ってきたチュロスをアレンジして食べたい!と思う方は、チュロスにチョコを付けてトッピングをしてみたり、アイスに添えて食べてみるとまた少し違ったチュロスを楽しむことができますよ!

期間限定のチュロスは、様々な味がありますが、どの味でもピッタリなのはバニラアイスです。

ミッキーの形をしたチュロスをアイスに添えるだけでもまたディズニーに来たみたいな気分になれるのでテンション上がりますよね。

ディズニーランドやシーのチュロスは、定番のシナモン味の他にも期間限定の味といろんな種類を楽しむことができます。

期間限定のチュロスは、基本的にその期間しか食べることができないので、是非食べておきたいですよね!

しかし、他のフードもたくさん食べたいという場合には、ジップロックを使えば自宅でも食べることができますので、ぜひいろんな味のチュロスを楽しんでくださいね。

ディズニーのポップコーン持ち帰りはジップロックLが便利、箱は捨てない理由紹介

ディズニーのポップコーンの持ち帰りもジップロックが便利!ジップロック最強。

ディズニーのチュロスは昔と比べてどのくらい値上げされた?

ディズニーランドやシーで手軽に食べることができる食べ歩きグルメでも人気なのが「チュロス」ですが、現在は1本450円と値上げされております。

2020年より前には350円で購入することもできていましたが、次々と上がっていく値上げに伴いチュロスも

  • 2021年には400円
  • 2022年には450円

と値上がりしています。

450円のチュロスは、オーソドックスなミッキー型のシナモン味のものですが、期間限定の味やシナモン味以外のチュロスは1本500円です。

期間限定のチュロスも以前は450円で購入することができていましたが、50円ほど値上がりしています。

ディズニーのパスポートが消費増税とともに値上がりしたときには、チュロスは値上げ対象にはなりませんでしたが、なぜ現在に値上がりになったのでしょうか。

その理由は、某ウイルスの影響や海外事情、円安などいろんなことが起こったことによって原材料の価格が高騰していることです。

2022年に入ってから、

  • 小麦
  • 乳製品

など、チュロスに使われる材料も何度も値上がりをしてきましたので、ディズニーランドのチュロスも値上がりをしなければいけない状況であります。

値段も安く、手軽に食べることができるフードメニューであるからこそ、チュロスの値上げは少し残念でありますが、ディズニーと言えばチュロスと言ってもいいほどの人気メニューなのでディズニーに行ったらぜひ食べて帰りたいですよね。

2022年の間でも何度もいろんな商品が値上がりしています。

一度値上がりした商品もさらに値上がりしていることもあり、まだまだこの先にチュロスも値上がりする可能性もあるかもしれませんね。

値上がりしてしまうとチュロスをたくさん購入することができないと残念ですが、チュロスが食べ放題になる「フリーチュロス券」がついた旅行プランも登場しました。

こちらにはドリンクも飲み放題になる「フリードリンク券」もついてくるので、パークで食べ歩きをして遊びたい方にぴったりのプランになっています。

チュロスはもちろんパーク内に販売しているものであれば限定のチュロスでも大丈夫なので、美味しいチュロスの値段を気にせずに食べることができるのは嬉しいですよね。

しかし注意していただきたいのはこちらのプランは期間限定のものなので、通年という訳ではありません。

人気があれば、また同じようなプランで登場する可能性もあるので、今回チュロス食べ放題のプランが予約できなかった場合でも諦めないでくださいね。