【購入方法紹介】ローソンマチカフェの買い方。レジで注文するだけ!

おすすめ商品レビュー

「ローソンのマチカフェはどうやって買うの?」

コンビニによってオリジナルカフェの買い方はバラバラ。

本記事ではローソンでコーヒーやカフェラテを注文する方法と商品価格をサクッと紹介します(*^^)v



ローソンマチカフェの買い方

マチカフェ買い方
  1. レジでコーヒーを注文。
  2. 代金を支払う。
  3. 店員さんが作ってくれる。
  4. 商品を渡される。

他のコンビニのようにカップをレジに持って行く方法でははありません。

レジで注文してお金を払うと店員さんが作って商品を渡してくれます。

コーヒーマシーンはレジの中にあり、セブンのようにお金を払ったらカップを渡され自分でボタンをポチっと押す方法でもないです。

つまり、レジで注文すればあとは店員さんが全てやってくれるということです。

ローソンマチカフェの頼み方の画像

こんな感じでレジの中にコーヒーマシンがあります。

てっきり、レジで料金を支払ってカップをもらって、自分でつくるセルフ式と思っていたけど違うんですね。

私が注文したのはホットミルク。

1分ほどでできあがります。

レジやカウンターからホットミルクを受け取り、カウンターに砂糖やガムシロップが置いてあるので好きな味にカスタマイズします。

マチカフェ:ローソン公式サイト

↑コーヒー全商品価格こちら↑

  • コーヒー(ICEorHOT)S100円 M150円
  • カフェラテM150円 L180円
  • アイスカフェラテM 170円  など!

定期お届け便なら1杯13円〜本格コーヒーをおうちで手軽に始められます。

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】



ローソンマチカフェでホットミルク購入!

カップのデザインも牛の模様でめちゃかわいい。牛模様のカラーは黒ではなく、ブラウンというところに温かみを感じます。

”カフェ”というところでもブラウンの方がしっくりなじむ。

フタをあけてみると、白くてフワフワ泡。見ているだけでしあわせな気持ちになります。

一口飲んでみると。熱すぎず、かといってぬるすぎず丁度いい。おなかがぽかぽかとあたたかくなるのが分かります。

そして、口いっぱいにほんのり甘みが広がる。サラサラでもなく濃すぎるわけでもない。ちょうどよくバランスのいい味です。

ローソンマチカフェの牛乳がおいしい理由

北から南までエリアごとに、使用する生乳の産地が違うというこだわりよう。

東海から上は北海道牛乳使用です。

私は関東なので、北海道根釧産牛乳でね。

九州エリアはやっぱり阿蘇ですよね。

阿蘇の牛乳はおいしいので昔からファンです。

ローソンマチカフェでアイスカフェオレを購入

ミルクが多く、コーヒーを飲むときは牛乳多めに入れるので嬉しいばかりです。

反対にコーヒーは少なめのため、しっかりコーヒーを味わいたいというかたには不向きです。

ミドリのカエルマークのレインフォレスト・アライアンスの意味

ローソンのアイス用カップに記載されているミドリのカエルはこんな意味をもっています。

インフォレスト・アライアンスの緑のカエルは、小さいながらも広大な活動範囲を持っています。

それは、地球にとっても人類にとっても好ましいこと。最近では、コーヒー、チョコレート、紅茶、果物、切り花、紙、家具など、ますます多くの商品にこの認証マークが表示されるようになっています。

レインフォレスト・アライアンス認証農園や認証森林で作られた、あるいはその産品を材料にして作られた商品に、このマークの使用が認められます。

これらの農園や森林は、野生生物の保護、土壌と水源の保全、労働者とその家族および地域社会の保護、生計の向上などを目的とした、 環境・社会・経済面の厳格な基準 に則って管理されています。

ローソンはレインフォレスト・アライアンスに認証の農園産コーヒー豆を使用しています。

社会貢献やエコなど地球にやさしく、環境への配慮も徹底しているローソンのこだわりです。

ローソンマチカフェの買い方、まとめ

コンビニによってオリジナルコーヒーの買い方が違うので、初めて買うときはちょっと迷いますよね。

ローソンはレジで店員さんに注文すれば商品を渡してくれます。

一息つきたいときにローソンマチカフェで1杯いかがでしょうか。