メレンゲが固まらない時の対処法。作り直した方が早いのは水や油が入った時

ケーキやスフレなどのお菓子作りに欠かせないメレンゲ。

メレンゲがうまく固まらずに困った…なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

ただ混ぜればいいものだと思いがちなメレンゲですが、メレンゲ作りにはしっかりとしたコツがあるのです。

メレンゲ作りに失敗してしまうと次の工程に進めなくなるほど、メレンゲの役割は大きいです。

そこで、メレンゲがうまく固まらないときの対処法や固まらない原因について詳しく説明していきますね。

また、どうしても固まらない!というときのためのリメイクレシピもご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

メレンゲが固まらない時の対処法

基本的に、失敗してしまったメレンゲを再び固めることは難しいのですが、原因によっては再度固めることが可能な場合もあります。

まず、失敗したメレンゲを一度冷やしてからもう一度混ぜてみるという方法があります。

失敗したメレンゲを30分以上冷蔵庫で冷やしてから、もう一度泡立ててみてください。

メレンゲに使う卵白が温まってしまっていたことが原因の場合は、この方法で再び固めることができます。

メレンゲは温度が低い状態の方が泡立ちやすいので、卵は冷蔵庫から出したばかりの冷たいものを使うようにしましょう。

卵白に水分や油分が入ってしまったらどう頑張っても固まらない

冷蔵庫で冷やしても固まらなかったというときは、ほかの原因が考えられます。

卵白に水分や油分が含まれてしまった場合は、どんなに頑張ってもメレンゲを固めることはできません。

プロのパティシエでも、水分・油分が入ってしまい固まらなかったメレンゲを再び固めることは不可能だということです。

冷蔵庫で冷やしてから混ぜても固まらなかったというときは、残念ながらもう一度作り直すしか方法はないでしょう。

メレンゲはお菓子作りをするうえでとても重要な役割を果たすので、失敗したメレンゲをそのまま使うとお菓子自体の仕上がりに影響してしまいます。

失敗したメレンゲを処分するのはどうしてももったいないという方は、後ほどご紹介するリメイクレシピを参考にしてみてくださいね。

メレンゲが固まらない時の原因

メレンゲが固まらない原因は、

  • 余計なものが混ざっている
  • 砂糖を加えるタイミング
  • 泡立て方
  • 卵の質

などがあります。その原因についてそれぞれ説明していきます。

調理器具に水分や油分が残っている

メレンゲを作る際、ボウルやミキサー(泡立て器)に水分や油分が残ってしまっているとメレンゲはうまく固まりません。

1滴の水分や油分が失敗に繋がります。

調理器具は事前に洗剤で洗い、乾いた布などで水分をしっかり拭き取ってから使いましょう。

メレンゲに卵黄が混ざっている

卵黄には脂質が含まれています。

そのため、メレンゲに卵黄が混ざってしまった場合も固まりにくくなります。

卵黄が入ってしまわないように、卵白と卵黄は丁寧に分けるようにしましょう。

砂糖を加えるタイミングが早い、一度に多量の砂糖を入れている

ツヤのあるメレンゲを作るために必要な砂糖。

ですが、加えるタイミングが早すぎたり一度にすべての砂糖を加えてしまうとメレンゲは固まりません。

タイミングとしては、ある程度卵白が泡立ってから砂糖を加えるようにしてください。

また、一度にすべての砂糖を加えないようにしましょう。

分量の砂糖を、最低でも3回くらいに分けて少しずつ加えることが大切です。

砂糖を加えるごとに泡立てることで、メレンゲはしっかりと固まります。

泡立てる時間が短い

泡立てが足りていないことも原因の一つです。

手動での泡立てはどうしても時間と労力がかかってしまうので、ハンドミキサーを使用して作るのがおすすめです。

もしハンドミキサーなどがなく、どうしても手動で泡立てるという場合は、卵白を一度冷凍させてから泡立てる方法があります。

冷凍させた卵白を、そのまま泡立て器で混ぜると簡単にメレンゲを作ることができるので、ハンドミキサーがない場合に

はぜひお試しください。

古い卵や質の悪い卵を使っている

古い卵や質の悪い卵は、卵白を混ぜてもサラサラと水っぽくなってしまいがちです。

新鮮で質の良い卵を使うようにしましょう。

メレンゲが何をしても固まらない時のリメイクレシピ

今回ご紹介した対処法でもメレンゲが固まらないというときには、失敗したメレンゲを再利用して食べられるリメイクレシピがあります。

固まらないときのリメイク①オムレツ

砂糖を入れていない状態のメレンゲ、もしくは砂糖を少量のみしか入れていないメレンゲであれば、オムレツを作ることができます。

メレンゲに卵黄、牛乳、塩コショウを混ぜて焼くだけでフワフワのオムレツの出来上がりです。

固まらないときのリメイク②ラングドシャ

サクサクとした軽い食感とやさしい味わいのラングドシャですが、こちらも失敗したメレンゲを使って作ることができます。

【材料】
失敗したメレンゲ・・・卵白4個分
小麦粉・・・30g
バター・・・30g

①170度でオーブンを予熱します。
②柔らかくしたバターに、すでに砂糖が入ったメレンゲを3回に分けて混ぜます。
②小麦粉をふるい入れ、切るように混ぜ合わせます。
③スプーンですくい、クッキングシートを敷いた天板に丸く成形しながら並べます。
④オーブンで13~15分程度焼き上げて、焼き目がついたら完成です。

メレンゲが固まらない時の対処法まとめ

以上、メレンゲが固まらないときの対処法や原因についてご紹介してきました。

メレンゲがうまく固まらないときは、どうしようと慌ててしまいがちですよね。

でも、今回の対処法やメレンゲを上手に作るコツなどを事前にしっかりと知っておくことで、安心して作ることができます。

どうしても上手にメレンゲを作れなかったというときは、ご紹介したアレンジレシピも参考にしてみてくださいね。