ガナッシュが固まらない時の対処法!ただチョコを増やせばいいってもんじゃない

ガナッシュが固まらない時はチョコレートの分量を増やすとたいてのガナッシュは固まります。

ただ、マカロンなのかトリュフなのか、お菓子によってガナッシュの柔らかさが違うのでただ増やせばいいというわけではありません。

この記事ではガナッシュが固まらない時の詳しい対処法や原因の他に、何をしても固まらない時のアレンジレシピも紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

ガナッシュが固まらない時の対処法

ガナッシュが固まらずに困ってしまった場合にできる対処法をご紹介いたします。

ガナッシュが固まらなかった原因によって対処法も変わってきますが、チョコレートの分量を増やせばたいていのガナッシュは固まります。

刻んだチョコレートを湯銭で溶かして、固まらないガナッシュに少しずつ加えていってください。

ガナッシュの基本的な材料は

  • チョコレート
  • 生クリーム

です。

なのでチョコレートの配合を増やせば固まるはずですよ!

注意点は、チョコレートを入れすぎるとなめらかさがなくなってしまい、ガナッシュというよりは生チョコのようになってしまいます。

チョコレートを加える際には入れすぎないように少しずつ調節してくださいね。

ガナッシュは生クリームの配合を変えることによってやわらかさを変えることができます。

例えば、トリュフのガナッシュは形が作れる程度の固さで作りますが、マカロンにはさむガナッシュはチョコクリームぐらいの柔らかさに仕上げます。

このようにガナッシュと言ってもお菓子によって柔らかさが違ってくるので、ガナッシュを作る際には自分が作りたいお菓子のレシピを見ながら生クリームの量を調整して作りましょうね。

ガナッシュが固まらない原因は分離や量や水

ガナッシュが固まらない原因は、

  • 分離してしまった
  • 生クリームの量が多い

ことが考えられます。

チョコレートは分離してしまうと固まらなくなってしまいます。

分離してしまう原因は、

  • 作業する工程の中で水が入った
  • 生クリームの温度が高すぎた
  • 混ぜ方が悪かった

ことが考えられます。

しっかりとチョコレートを溶かしてから生クリームを加えないと分離の原因になることもあります。

分離すると基本的にNG!テンパリングで再復活も?

水は入れてないけど、湯銭をかけている間に水が入ってしまったり、ボウルや泡だて器に水滴がついていることに気づかずに作業を進めてしまうこともありますよね。

チョコレートは一度分離すると基本的には戻ることはありません。

しかし、もしかしたら元に戻せる可能性もあります。

その方法は、テンパリングともいわれるチョコレートにつやを出す方法です。

正確には湯銭にかけてチョコレートの温度を40℃にします。

その後、冷水で冷やしながらチョコレートの温度を26℃くらいにします。

26℃になったら、また30℃くらいまでチョコレートの温度を上げてテンパリングは完成です。

テンパリングをすることによって、ガナッシュも復活する可能性があります。

温度を測ることができない人は、だいたい湯銭にかけて、冷水で冷やしての繰り返しをすれば戻る可能性もあるので、諦めずに挑戦してみてください。

分離以外にも生クリームの量が多すぎて固まらないこともあります。

生クリームの量を多くすれば柔らかくなりますが、多すぎると固まらなくなります。

また、ミルクチョコレートのレシピの代用にホワイトチョコレートを使うと固まらない原因にもなりますのでご注意ください。

ホワイトチョコレートはミルクチョコレートよりも生クリームを入れる量は少なめにしてくださいね。

ガナッシュが固まらない時のリメイクレシピ

なにをしてもガナッシュが固まらなくて困った!というときに使えるリメイクレシピがあります。

簡単に作れるのは、

  • ホットチョコレート
  • チョコクリーム

としてアイスやケーキにかけて食べる方法です。

しかし、ガナッシュを使ったお菓子を贈り物にしようとしていた場合、お菓子をプレゼントすることができなくなってしまいますよね。

このリメイクレシピを使えば、贈り物としても立派なお菓子に大変身します!

失敗したガナッシュでブラウニー

材料
失敗したガナッシュ 100~200グラムぐらい
卵 1個
バター 10グラム
砂糖 30グラム
薄力粉 40グラム
ココアパウダー 10グラム

※材料はすべて常温に戻しておきましょう
薄力粉とココアパウダーはふるっておく
オーブンを予熱で170℃に温めておく

作り方
① 卵と砂糖を泡だて器で混ぜ合わせます
② 失敗したガナッシュを湯銭にかけて溶かしたところにバターを入れて混ぜ合わせます
③ ②の中に①を3回ほどに分けて混ぜ合わせていきます
④ 薄力粉とココアパウダーを加え、ゴムベラで混ぜる
⑤ 型に入れて、160℃のオーブンで20~30分焼く
できあがりです!

ブラウニーの方がない場合は、クッキングシートを折り曲げて形にするだけでも大丈夫ですよ。

もし、クルミやチョコチップがある場合は、焼く前に上にトッピングしてもおすすめです。

湯銭をする時には水が入らないように注意してくださいね!

まさか失敗したガナッシュでできていると思えないほど美味しいので、是非作ってみてください。

こちらのレシピはホワイトチョコレートで失敗した場合でも作ることができますので、もしホワイトチョコレートのガナッシュが固まらなかったという場合にも参考にしてみてください。

ブラウニーは美味しくて、ラッピングもしやすいので、贈り物にもピッタリ!

ラッピングはかわいいクッキングペーパーやワックスペーパーに包んで、両端をくるくるとひねってキャンディのようにすると簡単で、かわいく包むことができますよ。

もしガナッシュ作りに失敗しても落ち込まずに、リメイクしてみてくださいね。