スタバでタンブラー持参するときスタバ以外でもOK!注文方法や注意点を紹介

スタバにタンブラーを持参するとき、スタバ以外のタンブラーでもドリンクを入れてもらうことができます。

タンブラーに限らず、

  • サーモスの水筒
  • 100均で買ったマイボトル
  • どこで買ったか忘れたマグカップ

などでもOKです。

つまり持参する容器はなんでもいいという訳です。

またタンブラーなどを持参するとどのドリンクでも20円値引きしてもらえますよ。

この記事では他にはスタバにタンブラーを持参するときの

  • 注文方法
  • 注意点

を分かりやすくまとめています。

スタバにタンブラーを持参しようと思っている方は参考にしてくださいね。

スタバ以外のタンブラーを持参しても良い?

スタバはスタバで販売しているタンブラー以外でもドリンクを入れてくれます。

たとえば、

  • タリーズ等のタンブラー
  • 象印やサーモスの水筒
  • 家で使っているマグカップ

など、タンブラーに限らずどんな入れ物でも持参したらドリンクを購入して入れてもらうことができます。

対象ドリンクはスタバで販売しているものすべてです。

その際ドリンク料金から20円引いてくれるからありがたいですよね。

ドリンクをご購入の際、ご自分のタンブラーやマグカップをお持ちいただくと、資源の節約にご協力いただいたお礼として、20円値引きいたします。

参照:スタバ公式サイト

これはスタバの資源を大切にする環境への取り組みの一環なので、スタバ以外のタンブラーや容器でもOKというわけです。

ただドリップコーヒーのワンモアコーヒー(お代わり)のときは20円割引になりません。

 

持参タンブラー一時中止前後の変更点

スタバは一時期持参したタンブラーへのドリンクの提供を取りやめていましたが、2020年の秋に再開しています。

一時中止前と後で違う点は2点。

  • 店内でのタンブラー等の洗浄はしていない
  • スタッフが預かったあと表面をアルコール消毒

なので持参するときはアルコール消毒OKの容器を事前に洗ってから持っていきましょう。

 

スタバ以外のタンブラーを持参したときの注文方法

注文方法はレジで「このタンブラーに入れてください」と店員さんに一声かけるだけでOKです。

注文手順

  1. レジで持参したタンブラーに入れてもらうよう伝える
  2. お会計して蓋を取ってスタッフに渡す
  3. バーでドリンクを受け取る

ドリンクを受け取るときも自分のタンブラーだと一目で分かるので、混雑しているときも取り間違えがありません。

 

タンブラー持参時のドリンクサイズと容量

スタバにタンブラーを持参する際のドリンクサイズと容量はこちらです。

4つのサイズ

  • ショート(240ml)
  • トール(350ml)
  • グランデ(470ml)
  • ベンティ(590ml)

ショートサイズはホットかアイスで容量が変わります。

<ショートサイズ>

  • アイス(300ml)
  • ホット(240ml)

たとえば、

  • 300mlのタンブラーを持参する場合はショートサイズ
  • 500mlのタンブラーを持参する場合はショートサイズかトールサイズ

という感じです。

 

タンブラーの容量が500ml入るからといってグランデサイズ(470ml)を注文する必要はないですよ。

注文したドリンクがあふれずに入るサイズならどんなサイズでもOKです。

ただサイズに対してジャスト容量のタンブラーだと、カスタマイズする際あふれてしまうので注意です。

 

タンブラーを持参するときの注意点

ここではタンブラーを持参する際の注意点を紹介します。

  1. 洗って消毒や除菌したものを持参する
  2. タンブラーはアルコール消毒可能ものを
  3. カスタマイズすることも頭に入れておく
  4. 飲み終わった後のタンブラーの取り扱い

洗って消毒や除菌したものを持参する

以前は持参したタンブラーはスタバの店内で無料で洗ってもらうことができました。

しかし持参タンブラーでのドリンク提供を一時中止し再開した際、店内での洗浄ができなくなりました。

なので、前もってタンブラーを洗って除菌や消毒してから店員さんへ渡してくださいね。

 

タンブラーはアルコール消毒可能ものを

持参したタンブラーは、店員さんが受け取ると表面をアルコール消毒します。

タンブラーの素材によってはデザインが薄れたり剥がれにつながる可能性もあります。

ただアルコール消毒することがルールとなっているのでタンブラーの素材を確認しておきましょう。

 

カスタマイズすることも頭に入れておく

持参したタンブラーの容量によって注文できるサイズが決まるのですが、ジャストサイズの容量だとカスタマイズした際あふれてしまいます。

  • ソースのトッピング
  • ミルクの増量
  • シロップの追加

など、カスタマイズする人はタンブラーに対して余裕をもった容量で注文してくださいね。

 

飲み終わった後のタンブラーの取り扱い

タンブラーを持参すると持ち運びできて好きな場所で楽しめるのはメリットですが、同時に飲み終わったあとに汚れた容器を持っていなければいけないというデメリットがあります。

タンブラーは蓋がついていても密閉ではないこともあり、蓋をしてカバンの中に入れていたら飲み残しが漏れてた・・!なんてことも。

を防ぐにはしっかり密閉できる水筒がおすすめですよ。

 

持参したタンブラーでフラペチーノは注文可能?

持参したタンブラーでフラペチーノを注文することは可能です。

もちろんスタバ以外のタンブラーや水筒、マグカップにもフラペチーノを入れてもらうことができますよ。

タンブラー持参時のフラペチーノ注文方法

タンブラーにフラペチーノを入れてもらう注文方法はコーヒーやその他ドリンクと同じです。

  • レジで持参したタンブラーに入れてもらうよう伝える
  • お会計して蓋を取ってスタッフに渡す
  • バーでドリンクを受け取る

ただ、フラペチーノはホイップなどがトップに乗っていたり、他ドリンクとは勝手が違うので注意点もあります。

 

持参したタンブラーでフラペチーノ注文時の注意点

スタバのフラペチーノはホイップクリームがトップの乗っていて高さがあります。

タンブラーの開口の大きさによってはホイップクリームが少なくなってしまうこともあり、これは無理に乗せて落ちてしまうことを避けるためです。

ホイップクリームを楽しみたいという方には注文サイズに対して少し大きめのタンブラーを持参したり、

口が大きく開いているタンブラーを持参すると良いでしょう。

また、こちらは水筒ですが細長い形状の容器では長めのストローやスプーンがないと底まで届かないことがあります。

タンブラーにフラペチーノを入れると中の様子が見えなくなってしまいます。

「フラペチーノの全体を見て楽しみたい」という方は透明なタンブラーを選んでくださいね。

 

スタバ以外のタンブラーでも無料クーポンは使える?

スタバは対象のマグカップやタンブラーを購入すると、ドリンク1杯無料になるクーポンが付いています。

<好きなドリンク1杯無料>

  • 店内なら1,100(税込み)までOK
  • 持ち帰りなら1,080円(税込み)までOK

 

正式名称はコミューターマグクーポンと呼ぶのですが、無料クーポンを使う際スタバで購入したタンブラーや容器を持っていった方が良いですよ。

持っていった方が良い・・という言い回しには理由があります。

調べたところ店舗によってはスタバ以外の持参したタンブラーでも無料クーポンが使えるところもあるのですが・・。

本来ならタンブラーに対しての無料クーポンなので、買ったタンブラーで無料クーポンを使うことが望ましいです。

スタバ以外のタンブラーでも注文できた人も、何回か利用した後「本来は使えません。」と言われた方もいるのでできないものと捉えておくのが無難ですよ。

 

スタバでタンブラー持参するときスタバ以外でも良い?まとめ

スタバではタンブラーを持参するときにスタバ以外でもドリンクを買って入れてもらうことができます。

  • タンブラーだけではなく、
  • 水筒などのマイボトル
  • コップやマグカップ

など、ドリンクが入るならどんな容器でもOKで20円割り引いてくれます。

フラペチーノなどスタバで販売しているすべてのドリンクが対象ですよ。

ただ、以前と違うのは店内での洗浄ができなくなり、また店員さんによる容器の消毒があるのでご注意を。