【実践】コインランドリーで羽毛布団を洗ってみたら1,400円でフカフカになりました。

暮らし

どうも!寝具は夏も冬も羽毛布団を使っている管理人です!

1年中使っているからか、寝汗や湿気を吸ってしまっているからか、

「なんか重い」

と感じ、重さを計ってみたらなんと3.2kg。

こんな重いもの?洗ったらもっと軽くなるかな?

1年以上洗っていなかったので、メンテナンスも兼ねてさっそくコインランドリーに行ってきました!

本記事では所要時間やかかった費用を紹介します。

コインランドリーに羽毛布団を洗いにきました


さて。

シーツを外しまして、シーツごと洗っていきます。

羽毛布団とシーツを1枚ずつだから、12kgの大型洗濯機ですかね。


洗濯前のドラム洗浄や、プラス料金かかるけど除菌すすぎなんかもあります。

不特定多数の人が同じ洗濯機を使ってるから気になるところですね。

羽毛布団とシーツをいれるとギュウギュウに。

除菌すすぎもやりたいのでプラス100円の700円を投入。


表示が「4分」となって「7」が消えてしまってますが、洗いは47分かかるそうです。

洗浄中の泡が汚いです。汚れも溜まってたってことですかね。

羽毛布団をコインランドリーの乾燥機へ

洗った次の工程は乾燥器です。

羽毛布団を乾燥機にかける場合、色々注意点があるようなので紹介します。

  • 乾燥はドラムの1/3が目安
  • 羽毛布団はしっかり乾燥させる

容量をオーバーしてしまうとなかなか乾かず、結果お金がかかったり、生乾きのところがでてきてしまうそうです。

また乾いていないところがあると、すんごい臭くなるらしい。どのくらい臭いか興味ありますね。

大型の25kgと悩みましたが中型の13kgでちょうど良さそう。

中型は10分100円です。とりあえず30分やってみることに。

コインランドリーで乾燥機を30分まわした羽毛布団

ドラムの中をゴロンゴロンまわること30分。

投入時と比べると倍以上に膨らんでますね。パンみたい。

触った感じはほとんど乾いてますが中の方はまだ冷たい感覚があるので更に20分追加。

シーツは完全に乾いてるので取り出しました。

しかし。もうコインランドリーにいるの飽きたぁ。帰るにも帰れない。

平日の夕方あたりに来てるんですが、利用してる人意外といますね。

5組ほど出入りしてます。

コインランドリーで乾燥機を50分まわした羽毛布団

パンだ。さらにふっくらしてます。

冷たいところもないし、良さそうな感じもしますが、持った感じかなんか重い。

羽毛布団は長めに乾燥を、ということなので、さらに20分追加します。

コインランドリーで70分まわした羽毛布団

もうさすがにいいでしょうか。そろそろ本格的にコインランドリーいるの飽きたぞ。

ふっくらフカフカの羽毛布団ができあがりました。

所要時間・料金

  • 洗濯 47分 700円
  • 乾燥 70分 700円
  • 滞在時間約2時間
  • 料金合計1,400円

気になる羽毛布団の重さは

3.2kg →2.8kg  400グラムの軽減!


ビフォアフター!

こんなにふっくらするの!?と驚きです(^O^)

羽毛布団をコインランドリーで洗う、まとめ

羽毛布団をコインランドリーまで運ぶ手間や、待ち時間など問題はありますが、1,400円で羽毛布団がふっくらフカフカになるなら安いと思います。

洗っている最中はどこかで買い物したり一度家に帰るものいいかもしれないですね。

1年に1度は清潔に気持ちよく使うためにも羽毛布団を洗おうと思います。