産後何ヶ月目が一番痩せる?痩せ始めた時期は?-12㎏減のためにやったこと

産後何ヶ月目が一番痩せる?痩せ始めた時期は?-12㎏減の最大の理由は夕食でした。 お悩み系

 

高齢で第一子を出産。産後はなかなか体重が減らなくて、

  • 本当に元の体重に戻るの?
  • 産後何ヶ月目が一番痩せる?

と戻る気配のない体重や体型に焦りながら初育児していました。

でも妊娠前より-4㎏出産MAX体重から-12㎏体重が減って、産後10ヶ月目が一番痩せたという結果に!

産後太りの心配はあったけどダイエットしようと思ってなかったし、どんどん太りそうと思っていたから自分が一番ビックリしています。

産後を振り返ってみると母乳効果だけじゃなく、できる範囲でやったことが効果的だった気がします。

食事制限や運動は時間も体力もなくできなかったけれど

  • 夕食を食べる時間
  • 冷え&むくみ対策
  • ベビーカーでお散歩
  • 毎日体重計に乗る

この4つの要素がすごく大きかったのではないかと思います。

今回は産後を振り返って妊娠前より-4kg出産前より-12kg成功するためにやったことををまとめてみました。

産後太りが心配な人の参考に少しでもなれば嬉しいです。

 

産後何ヶ月目が一番痩せる?-12kg減に成功した私がやったこと

産後10ヶ月目が一番痩せた私ですが、10ヶ月間を振りかえって無理せず続けたことをまとめてみました。

  • 夕食は18時までに食べる
  • 体を冷やさない&むくみ対策
  • ベビーカーでウォーキング
  • 毎日体重計に乗る

ではひとつずつ紹介していきますね。

夕食は18時までには食べる

産後太りを防げたのは、夕食を18時までに食べることが一番効果があったのではないかな~と思っています。

私の場合意識して18時までに食べようと思っていたわけではなく、気づいたら17時とか18時までには食べていたって感じでした。

というのも娘の夕方から寝るまでのスケジュールは、

  • 18:00→夫帰宅後お風呂に入れる
  • 18:30→ミルク&寝かしつけ
  • 19:00→就寝

だったので必然的に私もこのスケジュールで動いていました。

 

娘が寝たあとに夕飯をゆっくり食べることも考えたのですが、

  • 眠りが浅い
  • 物音に敏感
  • 隣にいないとすぐに起きる

というまずまずの構ってちゃん。

うちは狭い賃貸住まいなのでキッチンの音も娘が寝ている隣の寝室に聞こえてしまい、少しの物音も立てたくなかったんですよね。

なので夫が仕事から帰ってくるまでに私だけでも夕飯を済ます必要がありました。

そして18時前には夕飯をサッと食べてそれから朝までは何も食べません。いや、食べられません。

夜中の授乳で食べる気力さえもありませんでした。

食べる時間があったら少しでも眠りたい、横になりたい気持ちの方が強いくらい産後って大変ですよね。

18時以降は何も食べないダイエット、効果あるんだなぁ・・・

ってぼんやり思いましたもん。

でも18時以降・・・というか夕食の時間を早めるのはダイエット効果が高いみたいですね^^

仕事や体を動かす時間がある朝食や昼食と違い、夕食後はおふろに入ったり寝るだけなので食べたところで消費されないんですよね。

だからそんなにがっつりカロリーを摂る必要もなく、むしろ次の食事(翌日の朝食)までにおなかを空っぽにすることが良いようです。

これは産後に限ったことではなく、続けていこうと思っています。

とにかく体を冷やさない&むくみ対策

娘が生まれたのは秋だったので寒さ対策は必須の時期でした。でもエアコンかけていても足元はけっこう冷えるんですよね。

それに授乳の回数も多いので着るものを工夫しないと授乳のたびに体が冷えてってしまうんですよね。

私が工夫したのは、

  • 日中は必ず靴下を履く
  • 飲み物は常温で飲む
  • 授乳用インナーを着る
  • 着圧レギンスを履く

です。

こちらも産後に限った話ではないのですが、「冷え」って本当にダイエットの天敵なんですよね。

 体温がたった1度違うだけで代謝も1割下がってしまい、36.5度が平熱の人より35.5度の人の方が太りやすいんですよ。

でも逆をいえば体を温めるだけで太りにくいってことだから、こんな簡単なことないですよね。

授乳用インナーは斬新にヒートテックを横に切ってみたらめちゃくちゃ快適でしたよ^^

見た目はちょっとアレですけど、着なくなったヒートテックがあれば1着試してみてくださいね。

冬の授乳にヒートテックを切る!試した結果快適すぎてもっと早くやっておけばよかったレベル

冬の授乳にヒートテックを切る!試した結果快適すぎてもっと早くやっておけばよかったレベル

 

むくみ取りに着圧レギンスを履く

産後10ヶ月でグラマラススパッツを履いた徹底レビュー!サイズ感や効果は?

体を冷やさないと同じくらい気を遣ったのがむくみを溜めこまないこと。

体がむくんでると冷えやすいし、むくみは美の天敵なのでとにかくむくんでも次の日に持ち越さないよう気を付けていました。

とはいっても運動する時間も体力もないので、私が工夫したのは着圧レギンスを履くことです。

最近の着圧レギンスは寝るときも履けるし、着心地の良いものが多いので今でも大活躍しています。

しかもハイウエストタイプなので、腹巻代わりにもなって授乳のときにお腹も出さないから冷え症対策にもなります。

\数ある着圧レギンスの中で結局いつも↓を履いてしまう/

フラミンゴレギンスはゆるい?伝線する?産後に履くだけで痩せるか1ヶ月試した口コミ。

そして毎日体重計に乗るだけでも意識が全然違いますよ。

ベビーカーでウォーキングダイエット

産後太りを防ぐためには食事以外に運動もやった方がいいかな~とは思ったのですが、そんな体力どこにもありませんでした。

なので無理のない範囲でベビーカーでお散歩がてらウォーキングしていました。

ちょっとスーパーに行くついでに、コンビニに行くついでに30分以内だけで毎日天気が良い日はなるべく出かけていましたよ。

抱っこ紐でウォーキングする方が赤ちゃんの体重分、負荷もかかって効果的だと思うのですが体力ない私には娘を抱っこしてウォーキングするなんてムリムリムリ・・・。

赤ちゃんもお母さんも元気で抱っこ紐ウォーキングダイエットに興味があるという人は内容をまとめたのでどうぞ^^

抱っこ紐でウォーキングダイエット!正しい方法や注意点を知って効果的に!

抱っこ紐でウォーキングダイエット!体に負担をかけないために始める前に確認するべきこと

産後何ヶ月目が一番痩せる?体重が減るペース

参考に私の身長や体重を載せておきますね。

  • 年齢:37歳
  • 身長:155㎝
  • 妊娠前:56㎏
  • 妊娠MAX体重:64㎏
  • 産後10ヶ月:52㎏
特別スタイルが良いわけでもなく、むしろずんぐりむっくりな体型です。
36歳、産後の体型にショック&辛い・・けど開き直って今は育児を楽しんでいます。

妊娠前は56㎏だったのがつわりで2~3㎏体重が減り、出産予定日近くになってググっと体重が増加し妊娠前から+8㎏で出産しました。

出産したら赤ちゃんと羊水なんかも含めて-5㎏くらいかなぁと思っていたのですが、出産翌日体重を測ったら本当に‐5㎏!

ちなみに体重増加の内訳は、

  • 赤ちゃん:約3kg
  • 胎盤:約0.5kg
  • 羊水:約0.5kg
  • 妊娠に伴う体の変化:約4kg

約計8kg

体の変化というのは胸が大きくなったり、体内水分が増えることに伴う体重の増加です。

それ以外に増えた体重は赤ちゃんに関係するものではなく全部お母さんのもの。ということはぜい肉ってことですかね・・。

友達に妊娠中15kg増えたって子がいたのですが、7kgは全部自分のぜい肉って考えると恐ろしいですね・・・。

産後の体重が減るペース

体重
妊娠MAX時 妊娠前
出産翌日 59㎏ -5㎏ +3㎏
産後1ヶ月 58㎏ -6㎏ +2㎏
産後2ヶ月 58㎏ -6㎏ +2㎏
産後3ヶ月 57㎏ -7㎏ +1㎏
産後4ヶ月 56㎏ -8㎏ ±0㎏
産後5ヶ月 56㎏ -8㎏ ±0㎏
産後6ヶ月 55㎏ -9㎏ -1㎏
産後7ヶ月 54㎏ -10㎏ -2㎏
産後8ヶ月 54㎏ -10㎏ -2㎏
産後9ヶ月 53㎏ -11㎏ -3㎏
産後10ヶ月 52㎏ -12㎏ -4㎏
私の場合、一気に体重が減ったわけではなく少しずつ痩せていきました。

 

初めての出産だったので産後は自分の体重や体型を気にしている余裕がなく、とにかく育児育児育児の毎日。

なので体重が減らないから運動しようとか、低カロリーの食事に変えようとか全っっっく思わなかったです。

ただ、産後太りはできることなら避けたい・・・と思っていたので、無理せずできることをできる範囲でやっていました。

今振り返ると”無理せずできる範囲で続けたこと”が産後太りを防いだのかもしれませんね。

 

産後ダイエットが産後半年間が重要な理由

産後ダイエットは、産後半年間が体重が減りやすく痩せやすいと言われているのですが、なぜ産後から半年間なのか調べてみました。

産後は元々の体質や妊娠・出産の経過など個人差が大きいので参考程度にお読みください。

産後半年間が痩せやすい3つの理由

  • 妊娠中についた脂肪が落ちやすい
  • 母乳育児で消費カロリーが増える
  • 骨盤周りがやわらかくなっている

妊娠中は赤ちゃんを育てるためにホルモンバランスが大きく変化します。

お母さんの体がふっくらするのもこの影響なんですよね。

ホルモンバランスは出産後半年くらいでまた変化するのですが、そのとき妊娠中についたお肉も落ちやすくなるのです。

それに母乳育児の人は母乳を作るためカロリー消費が大きくなります。

私も産後半年くらいまでは食べても食べてもすぐお腹が空きました。

また、出産でやわらかくなった骨盤周りを締めるのにも産後半年間がいいと言われていますよね。

こちらは賛否両論ありますが、あとで「やっておけばよかった」と後悔するくらいならやるべきと私は思っています。

やらずに後悔するくらいなら、どちらに転んでも試してみることが自分の中で納得できるのかなって思います。

産後ダイエットはいつから初めていいの?

産後ダイエットは1ヶ月検診で何も問題がない人で1ヶ月半〜2ヶ月頃から少しずつ始めて良いとされています。

焦って無理しても後々響いてくるのでゆっくり少しずつやっていってくださいね。

毎日の赤ちゃんのお世話だけで大変だと思うので、寝ながらできる体操がおすすめです。

 

産後の体重を減らすときの注意点

産後痩せるために体重を減らすときの注意点をまとめてみました。

  • 健康第一!とにかく無理はしない
  • なるべく3食しっかり食べる
  • 少しくらい脱線しても諦めない

もう超当たり前のこと過ぎて申し訳ないのですが、一応書かせていただきました(^_^;)

妊娠も出産も女性にとって人生で一番ってくらい大仕事。ホルモンバランスがひっくり返るくらいのことなので、ほんっっっっとに無理は禁物です。

ダイエットなんかより健康の方がとっても大事。睡眠不足ならまず睡眠をちゃんと取りましょう。(っていっても難しいんですよね・・・)

産後に無理すると、その後の人生に関わるくらい体調悪くする可能性があるのでできる範囲のさらに小規模でやっていきましょうね。

「痩せない」「食べちゃった」とや~めたって諦めるのではなく、脱線しても諦めないことが痩せることの近道です。

  • 体重計に乗る
  • 着圧レギンスを履く

など超カンタンなことだけ続けるだけでも、1年後の体重や体型は変わってくるんですよね。

 

産後何ヶ月目が一番痩せる?痩せ始めた時期は?まとめ

妊娠前から-12kgの体重減に成功した私の産後にやったことをまとめてみました。

  • 夕食は18時までには食べる
  • 体を冷やさない&むくみ対策
  • ベビーカーでウォーキング
  • 毎日体重計に乗る

夕食やウォーキング以外は簡単にできるので今日から実践してみてくださいね^^

常温の飲み物に替えたり、あったかアイテムで体を冷やさないことは産後に限らずダイエットに効果的なので私も続けていきたいと思います。

着圧レギンスはむくみ対策だけではなくヒップアップやくびれを作る機能がついているので、産後に崩れた体型を整えるのにも良いですよ。