RNS-10P-WとRNS300の違いを比較!口コミ評判や使い方も紹介

こんなの売れてます

アイリスオーヤマから高評価で大人気のリンサークリーナーの新機種RNS-10P-Wが発売されました。

旧型番のRNS300と大きく違う点は4つ。

  • 散水方法
  • ヘッドの数
  • 給水タンク
  • 運転音

以前のよく落ちる!きれいになった!はそのままで、旧型番のRNS300を改良しパワーアップしてより使いやすく便利になった新機種RNS-10P-Wとなって登場です。

この記事ではRNS-10P-W(新型番)とRNS300(旧型番)の違いを分かりやすく表で比較しました。

他にも、

  • 口コミ評判
  • 使い方
  • お得な無料特典がつくおすすめの販売先

も紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

RNS-10P-WとRNS300の違いを比較!

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-10P-W(新型番)とRNS300(旧型番)の違いを比較してみました。

大きく変わったところは下記の4点。

型番 RNS-10P-W(新) RNS300(旧)
 画像
①散水方法 自動で散水 都度吹きかける手動
②ヘッドの数 2個(ブラシ付・隙間T字) 1個(ブラシ付ヘッドのみ)
③給水タンク 1Lの広口タンク 0.3L
④運転音 RNS300より10db静かに 音が大きめとマイナス評価も

大きな違いはこの4点です。

次に商品の仕様の違いを比較してみました。

型番 RNS-10P-W(新) RNS300(旧)
画像 
サイズ 約29×18×27㎝ 約25×14×31㎝
質量 約3.2㎏ 2.7㎏
電源 AC100V 50・60Hz
消費電力 310W 330W
吸込仕事率 30W
回収タンク容量 0.5L
ホール長さ 直径約30mm×1.2m 直径約29mm×1m
お湯使用温度 約40℃まで
電源コード長さ 約3m
付属品 ハンドツール2種、ホルダー ハンドツール、バキュームホース、ホルダー、ホースフック、コードフック2個

あまり大きな違いはありませんが、新商品の方がまとめてひとつになった感じです。

実際の大きさも、

<RNS-10P-W新型番>↓

<↓RNS300旧型番>

新型番の方がちょっとコンパクトになったかな~という感じですね。

では大きく改良された4つのポイントをひとつずつ詳しく紹介していきますね。

RNS-10P-WとRNS300の散水方法を比較

アイリスオーヤマリンサークリーナーの散水方法の違いは、

  • RNS300(旧型番):手元の噴出レバーを引いて都度散水
  • RNS-10P-W(新型番):自動で散水

旧型番ではレバーを握って都度水を散水する必要があったのですが、新型番ではハンドツールを握ると自動で水が出るようになりました。

何度も押さなくても勝手に水が出るので、より簡単にラクチンに使えるよう改良されています。

RNS-10P-WとRNS300のヘッド数を比較

アイリスオーヤマリンサークリーナーのヘッド数の違いは、

  • RNS300(旧型番):ブラシ付ハンドツールのみ
  • RNS-10P-W(新型番):ブラシ付ヘッドとすきまに入るT型ヘッドをプラス

旧型番では付け替え不可のブラシ付ハンドツールのみだったのですが、新型番ではすきまや狭いところにも使えるT型ヘッドブラシが付属品でプラスされました。

ソファーやいすの背もたれとの狭い隙間もラクラクきれいにできるので2つのヘッドを使い分けできるのは嬉しいですね。

RNS-10P-WとRNS300の給水タンクを比較

アイリスオーヤマリンサークリーナーの給水タンクの違いは、

  • RNS300(旧型番):ハンドツールに最大0.3L(300ml)水を入れる
  • RNS-10P-W(新型番):たっぷり1L入る広口タンク

旧型番では手元のハンドツールに0.3Lの水を入れるタンクがあったのですが、新型番では本体の方にたっぷり1L入る給水タンク仕様となりました。

たっぷり水を使えるから1度水を入れてしまえば何度も水を入れる必要はないのでラクチンですね。

RNS-10P-WとRNS300の運転音を比較

アイリスオーヤマリンサークリーナーの運転音の違いは、

  • RNS300(旧型番):音が思ったより大きい、夜は厳しいなど口コミ評判あり
  • RNS-10P-W(新型番):旧型番より10db運転音を静かに

旧型番の口コミ評判はほとんどが高評価なのですが、一部に音が大きい、夜に使うのはためらってしまうレベルなど、音に関してのレビューが見られました。

新型番では時間帯や音を気にせず使えるよう、運転音を改良し10db押さえられています。

 

RNS-10P-Wの口コミ評判!メリットデメリットは?

ここではアイリスオーヤマリンサークリーナーのRNS-10P-Wの口コミ評判やレビューをまとめてみました。

  • パワーがあってどんどん汚れが取れてきれいになるから買って良かった。
  • 飼っている犬の粗相用に購入。簡単に掃除ができそうです。
  • 子どもがよく食べこぼすので掃除が毎回大変なので買いました。

などRNS-10P-W良い口コミ評判がありました。

うちは猫がいるのですが、けっこう吐き戻しすることが多くて場所がカーペットのときはすぐに拭かないとシミになってしまうので毎回大変です。

でも拭くだけじゃしっかり洗えないのでシミになる確率は高く猫がくつろぐ部屋でカーペットを使うのは諦めていましたが、リンサークリーナーがあればその問題も解決しますね♪

 

まだ発売されたばかりの新商品なのかあまり口コミがなかったので、旧型番のRNS300の口コミ評判もまとめてみました。

旧型番のRNS300の口コミ評判まとめ

<旧型番RNS300の良い口コミ>

  • きれいに汚れが落ちるので掃除のプロになったみたいで気持ちいい。
  • コンパクトで持ち運びも楽。思ったより軽くセッティングも簡単だったので買って良かった。
  • ペットの粗相用に購入。丸洗いできないカーペットの汚れた部分だけを洗えるので便利。
  • 値段のわりにきれいになるしとても満足。もっと早く買えば良かったと思っています。

 

購入したほとんどの人はその性能や効果に満足していました。

口コミレビューを読んでいて、犬や猫の粗相用に買っている人が多いんだな~と思いました。

うちは朝起きたらオエっとしてたことや「え?いつ吐いたの?」ってことが多く、すぐに拭けないことが少なくないので、こういうときしっかり温水で洗えるリンサークリーナーは便利ですよね。

ただ、ここがちょっと残念、イマイチかな~という悪い口コミも見かけたので紹介します。

 

<旧型番RNS300の残念な口コミ>

  • 音が思った以上に大きくて夜使うのは気が引ける。
  • 汚れが広範囲だと毎回何度もレバーを握って水を出さないといけないのは手が疲れる。
  • 給水しずらい。もっと水を入れる入り口が広いと助かる。

 

悪い口コミでは音やレバーに関してのことがほとんどでした。

でも安心してください。

新型番のRNS-10P-Wはすべて改良しさらに使いやすくパワーアップしたものとなっていますよ。

 

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-10P-Wの使い方

リンサークリーナーRNS-10P-Wの使い方はとっても簡単です。

  1. タンクに水を入れて本体にセット
  2. 電源を入れたらハンドツールのトリガーを引き水を吹き付ける
  3. ハンドツールを押し当てゆっくり手前に引く

たったこれだけでしつこい汚れもきれいに落とすことができます。

さらにお湯(40℃)も使えるので落ちにくい汚れもリンサークリーナーがあれば解決です。

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-10P-Wのおすすめ購入先

リンサークリーナーRNS-10P-Wの購入先は楽天市場の↓こちらのショップがおすすめです。

到着後レビューを書くと「トルクルカーペットクリーナー本体」が無料特典としてもらえちゃいます。

黒いコロコロなのですがアレルゲンがよく見えるとか。

こちらのゆにでのこづち楽天ショップは豊富な品揃えで実績もあり、私も何度も日用品を購入したことがあるお店なので安心ですよ。

もしくは、

レビューを書くと「エコバッグ」をもらえるこちらのお店↓(ランドリープラス)がおすすめです。

どちらのお店もいつまで無料特典がつくか分からないので、購入する場合早めが吉です。

 

アマゾンやヤフーショッピングをいつも利用している人はこちらにリンクを貼ったのでクリックしてみてくださいね。

 

RNS-10P-WとRNS300の違いを比較!まとめ

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-10P-WとRNS300の違いは、

  • 散水方法
  • ヘッドの数
  • 給水タンク
  • 運転音

の4つです。

よく落ちてきれいになる効果はそのままで、より使いやすくパワーアップしたのがRNS-10P-Wです。

旧型番もとっても高評価な口コミが多く評判も良かったのでよりパワーアップしたリンサークリーナーも期待できますね♪

丸洗いできないカーペットや絨毯などで困っている人はぜひ購入を検討してみてくださいね♪