なんでやらないの?お得過ぎるふるさと納税のやり方|ネットで買い物したことある人なら簡単にできますよ。

節約術

最近ふるさと納税を始めました。

以前から、

「なんだからよく分からないけど、お得らしいよ」

と夫婦の会話には上がっていて興味はあったのですが、いまいちどういう仕組みか分からなくて行動に移せず…。

やっとこさ重い腰をあげてふるさと納税をやってみたら、めちゃめちゃ簡単でもっと早くから始めておけばよかったと後悔!

私たちみたいに興味はあるけど、始め方ややり方が分からなくて止まってしまっている方、多いんじゃないでしょうか?

今回は、ふるさと納税の超絶カンタンな始め方と注意点を紹介します。

難しいことは大嫌いな私でもできたので、想像しているより簡単に申し込めるはずです。

アマゾンや楽天でネットショッピングをしたことがある人なら、すぐにできますよ( ˘ω˘ )

そもそもふるさと納税とは?

都道府県、市区町村への「寄附(きふ)」です。

一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。

ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

参考:総務省

つまり、自分が住んでいる都道府県に納めていた税金を、別の地域(例:北海道とか沖縄とか)に寄付して、お礼品をもらうってやつです。

ふるさと納税が”お得”と言われるその理由

なぜふるさと納税がお得と言われているのか?

例えば。

東京都に住んでいて年間50,000円の税金が引かれている場合。

ふるさと納税で東京都に納める代わりに北海道(例)に50,000円分を寄付すると、北海道から返礼品が送られてきます。

自分が住んでいる東京都に税金を納めると、財布から5万円が出ていくだけ。

ふるさと納税で北海道(例)に5万円寄付すると、財布から5万円は出ていくけどお米や肉などの返礼品が届くのです。

↑この太字重要!ふるさと納税の最大のポイントです(^-^)

同じ5万円を払うなら、返礼品が届くふるさと納税の方がお得じゃないですか?

カンタン!ふるさと納税の申込みまでの簡単な流れ

  1. ふるさと納税の限度額を調べる
  2. 返礼品を予算内で探す
  3. 申込む
  4. 返礼品が届く
  5. 翌年1月初旬までに同梱の書類返送

たったこれだけです(^-^)

めちゃめちゃ簡単じゃないですか?思っているよりふるさと納税ってシンプルなんですよ。

次は気になる限度額の調べ方を紹介します。

ふるさと納税の限度額の調べ方

限度額は家族構成や収入によって違ってきます。

この画像は総務省のサイトです。

  • 左たて列が収入
  • 上横列が家族構成

うちの場合、

  • 収入400万
  • 夫婦

で33,000円がふるさと納税で申し込める限度額になります。

ふるさと納税を申し込める各サイト(楽天やふるなびなど)には入力するだけで限度額を調べてくれるシミュレーションがあるので便利ですよ(^-^)

ふるさと納税が申し込めるサイト紹介

ふるさと納税限度額のシュミレーション

限度額を計算するときは去年の源泉徴収票があると参考にしやすいですよ。

「収入額」はその年の年末の源泉徴収票で確認するのが一番正確です。

しかし、会社員の方は転職でもしない限りだいたい同じような額かと思います。

うちの場合、おそらく3〜4万が限度額ですが、よく分からなくて念のため3万円までにしときました( ˘ω˘ )

ふるさと納税のデメリット・注意点

お得ばっかりなイメージのふるさと納税。

しかし知っておいてほしいデメリットや注意点が2つあります。

ふるさと納税のデメリット・注意点
  1. 初年度は税金とふるさと納税額をダブルで支払う(翌年引かれる)
  2. 2,000円は絶対に費用としてかかってしまう

「自分が住んでる税金の支払いとふるさと納税への寄付金、ダブルで払うことにならないの?」

注意点1つ目は、ふるさと納税を始めた最初の年(1年目)は、税金とふるさと納税の寄付金をダブルで支払うことになります。

なぜなら寄付した翌年に引かれる(控除)からです。

注意点2つ目は、2,000円の費用は必ずかかってしまうこと。

費用2,000円
  •  50,000(寄付金額の例)-48,000(控除額)=2,000円

ふるさと納税を始めた1年目は出ていくお金がダブルになるのがデメリットです。(翌年に相殺されますが)

なので、ボーナス月にふるさと納税を注文すると家計の打撃が少なくて済みますよ。

2,000円は費用として必ずかかってしまいますが、それでもふるさと納税をやらないより、やった方が断然お得なんです。

カンタン!ふるさと納税の始め方、まとめ

限度額が分かれば、あとはふるさと納税の各サイトで申込むだけです。

いろんなサイトがありますが、色々見てみるといいですよ。

もし分からなければ楽天とかふるなびなど有名なサイトから始めるのがいいと思います。

ふるさと納税は流行ってるとはいえ、まだ参入していない人も多いです。

その理由は「お得って聞くけど、いまいちよく分からない」だと思います。

わたしが実際にやってみて、「本当にお得だった!もっと早めにやっとけばよかった」と感じました。

お米やお肉、アルコールにフルーツやカニなど、食材をお得に購入したいなら、今すぐふるさと納税をやるべき!

やって得、やらなきゃ損。

それがふるさと納税なのです(^-^)