決められない人へ。自分に合うコードレス掃除機の選び方5つのポイント。

暮らし

「コードレスの掃除機を買いたいけど、たくさんありすぎて分からない」

「結局どれを買えばいいの?」

コードレス掃除機は機能も価格も様々で、サイトによっておすすめが違うので決められない。

口コミみても賛否両論で、余計に迷うだけ。

この記事は、比較しすぎて疲れ果ててしまった方へ書いたものです。

家庭によって自宅の環境や求める機能はそれぞれです。

環境や求める機能が分かれば、自分や自宅にピッタリ合うコードレス掃除機が見つかります。

わたしも、コードレス掃除機を選ぶのに何ヵ月もかかり、結局決められず買うことを諦めそうになったことも。

今回は、自分にピッタリ合うコードレス掃除機の選び方をまとめてみました!

STEP1:掃除機をかける環境や使う人を書き出してみる

自宅の環境
  • 賃貸・約40平米
  • フローリング(カーペット一部あり)
  • 猫を飼っている
誰が使う?
  • 30代の大人(夫婦)
このように、コードレス掃除機を使っているイメージを書き出してみることで、自宅に合っているコードレス掃除機を選びやすくなります。

たとえば。

コードレス掃除機は最大運転時間がだいぶ改善されてきたとはいえ、どのメーカーも30分前後がほとんどです。

そして充電時間が4時間前後と長い。

1回でしっかり掃除機をかけたいとなると、最大運転時間が長いコードレス掃除機が合ってます。

たとえば。

コードレス掃除機は約2.5kg前後が多いです。

2Lのペットボトルを10~20分片手に持つイメージです。

重いですよね。

小柄な女性や、お子さんや高齢の方が使うなら軽めのタイプが合ってるといえます。

たとえば。

赤ちゃんを起こしたくない。

夜に掃除機をかけたいなら、音が静かなタイプなど。

  • 騒音レベル43(図書館内)~レベル50(静かな事務所内)
  • 眠りを妨げず赤ちゃんにやさしい掃除機

静音性のコードレス掃除機を探してみましたが、全てそれなりにうるさく今のところありませんでした。

コードレスではありませんが、エレクトロラックスのエルゴスリーはデシベル(騒音レベル)43と、図書館レベルといわれています。

静音性が優先順位が高く重視するのなら、運転音が静かなエルゴスリーを検討してみるのも手です。

STEP2:コードレス掃除機に求めることを書き出してみる

コードレス掃除機を買ったら求める便利な機能はなんですか?

改善したいことはなんですか?

あれもこれもと出てくるのですが、優先順位をつけましょう。

選択肢が絞られてきます。

こんな掃除機がほしい
  1. とにかくサッと掃除したい、手軽さ。
  2. 髪の毛や猫の毛を吸っても絡まない。
  3. できたら布団クリーナーもほしい。
うちは髪や猫の抜け毛が多いです。

ヘッド部分に絡まない、お手入れがしやすいものを探していました。

が。それよりも。

「とにかく手軽にサッと掃除がしたい」

優先順位No.1はコレ!

布団クリーナーもあったらいいな程度なので最下位に設定。

ここで注意。

機能が充実しているフル装備のコードレス掃除機はやはり値段もそれなりに高い。

また、各メーカーのオリジナル機能がすべて備わっているコードレス掃除機もありません。

たとえば。

静かで吸引力が高くて。隙間もラクラクで、お手入れがしやすくて。2万円前後で。

そんな掃除機あったら即買いですが、残念ながらありません。

絞り込むために、優先順位が大切なのです。

STEP3:どんなコードレス掃除機が使いやすいのか?

使いにくいコードレス掃除機をわざわざ買う人はいません。

買うなら使いやすいコードレス掃除機がいいですね!

口コミや評価に「使いやすい」と書かれていますが、”使いやすい”という言葉にだまされないでください。

どういうことかというと。

使う人によって”使いやすい”の定義は違います。

ここを間違えると使いにくいコードレス掃除機を選んでしまうことになるので注意です。

わたしが考える使いやすいとは
  • 掃除機が重くない、疲れない
  • 掃除機が身長に合っている
  • パッとすぐに使える
たとえば。

人気のダイソンは海外設定なのか、身長155cmのわたしには長すぎて使いずらい。

そして、バッテリー部分が手元側にあり手首に重さが集中しちゃうので、実際の重量より重く感じます。

このように、STEP1で書いた、使う人の年齢・性別によって”使いやすい”は違ってくるものなのです。

バッテリーの位置が手元側なのか足元側なのかで手首にかかる負担が変わってくるので要チェックポイントです。

STEP4:自立式?立てかける?収納方法は?

収納方法タイプ別
  • 本体だけで自立するタイプ
  • ラバー付きで滑りにくく壁に立てかけるタイプ
  • 壁に穴をあける取り付けるタイプ
  • 専用スタンドが付属(もしくは別売)のタイプ
使用中タイプ別
  • パッと手を離しても自立するタイプ
  • ラバー付で滑りにくく壁に立てかけるタイプ
  • フック付きでかけられるタイプ
  • 自立しないタイプ
ここを押さえておかないと、購入後、ほんとうに後悔します。

たとえば。

掃除機をかけているときに、掃除機をチョット置きたい瞬間ってたくさんあると思うんです。

本をどけたり、おもちゃをどけたり。ソファを動かしたり。

立てようと思って壁に立てかけたら倒れたなんて、超絶不便ですよね。

ガラクタ家の場合
  • 賃貸なので壁に穴あけNG
  • 収納スタンドは邪魔になるからNG
  • 掃除中は両手を離したい

わたしは、最後の最後でコードレス掃除機の自立できるのか問題にぶち当たりました(-_-;)

賃貸だから壁に穴なんてあけられないですが、もし持ち家だったとしてもどこに穴あけるかでスゴく迷いそう。

それとね。

わたしは掃除機をかけながら、ものを整理したい派なので、両手を離したい。

なので。わたしは。

自立する&倒れにくい

コードレス掃除機を選びました!

(記事UPする予定)

STEP5:お手入れ方法も要チェック

これもまた、購入前はイメージしにくいですが、コードレス掃除機のお手入れ方法も重要ポイントです。

お手入れ方法
  • 水洗い可or水洗い不可
  • ダストカップの取り付けはカンタンか

ダストカップの構造が複雑で、取り付けるときに時間がかかってしまうタイプもあります。

わたしの場合、水洗いOKだとしても恐らくやらないと思ったので、ここはどちらでも。

コードレス掃除機の選び方まとめ

コードレス掃除機を選ぶ5STEP
  1. 自宅の環境を書き出そう!
  2. ほしい機能、優先順位をつけよう!
  3. オリジナルの”使いやすい”定義は?
  4. 自立or立てかけ?収納方法は?考えよう!
  5. お手入れ方法の確認!

高額なコードレス掃除機を買うなら後悔したくないものです。

調べすぎて、どれを買ったらいいか分からなくなったら一度立ち止まって考えてみてください。

きっとあなたにピッタリのコードレス掃除機がみつかるはずです。